気分屋

2017/11/11

  • デザインを変える。カレンダーの背景色が白だったので浮いちゃう、ので、周りに合わせようと思ったが何色か分からない。完璧に合わせる為に、「なんか画面上の色認識して16進数に直してくれる奴ないんかい?」と思ったらあるもんだねそんな需要あるかどうか分からんツールが。「16進色だし君(http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se128461.html)」です。
  • 明日は客先しあわせやろう2匹の結婚お祝い飲み会。昨日のメールは殆どそれ関連しか飛び交ってなかった。それでいいのかちょう有名企業。まぁ、いいんやろう。
  • 最近はケチり癖が再発してスーパーで買い食いして昼飯を済ます事が増えた。いつもなんかお惣菜一品と、からあげにしている。お惣菜はきんぴらとかごぼうサラダとかほうれん草の白和えとか。120〜140円位。からあげは、安くておなかがふくれるのだ。いつものおばちゃんは負けてくれるから好きだ。端数ははしょってくれる。さすが。美人なだけじゃないね。
  • そうしてスーパーの2階のエレベータ前のベンチ(誰も来ない)、が、俺の昼の定位置になりつつある。スーパーの入口の真上になるのだが下からは死角で見られる事は無い。こういう位置が一番落ち着く。幸福そうな親子や、実務する部屋で隣の机で仕事してる人が来たり(喋った事無いんだけど)、警備員の人がいたり、雨の日は傘袋直してるおっちゃんとかが居る(すぐ調子悪くなるんよな傘袋の機械)。こういう、平凡な日常に触れると、自分には程遠いなぁ、と思ったり、尚且つ自分は平凡な日常ちゃんとやってるやん、と思ったり。からあげをかじりながら虚空を睨み付け、望むものは。何も無い暮らし。
  • おひるまはぽっかぽか、夕暮れはひんやり、京都に着いたら雪がちらついてやがった。なんだこのCGは。
  • 帰りにもスーパーに寄る。スーパーと言ってもデカいショッピングモールの中の一つに過ぎない。色んな店が入っているので、ウロついてるだけでもテンションが上がる。今や俺がテンション上がるのはサッカーとスーパーだけだ。なんかおいしそうな気がするケーキ屋に寄って何個か買う。スーパーを突っ切ったら定期に乗り越し料金を少し払えば乗れる駅があるのだけど、今日はそこのショッピングモールの送迎バスに初めて乗ってみる事にした。いつもの駅まで運んでくれた。やった事の無いような事を独りですいすい、っとやっちゃうのが好き。なんか品物を買ってなかったら何百円か支払わなければいけないんじゃないだろうかとか独りでドキドキしながらバスに乗っているとそれなりにスリリング。そして降車の際にはお約束の手すり静電気。コロス。