プリントしていないデジカメやスマホの写真、画像データ。もう溜まる一方ですが、保管場所が問題ですね。
ヘ(-′д`-)ゝヤレヤレ..

今まで、HDD 2TBに保存していたが

先日故障。

NASの拡張HDDが読み書きでエラーに - toshi_a1995★B級グルメと一行日記
容量の大きめのファイルを読み書きしようとしたら"パスが不正です。"だって言われました。...

なんとかデータを退避しましたが....
全数完全に退避できたかは不明。
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
バックアップって大事ですね。
しかし、TBクラスのバックアップともなるとコストも時間も手間も相当なもの。
その辺のバックアップ方法も考えてNASを選定しました。

イロイロ検討した結果

Synology DiskStation DS115j

コレはNAS本体。別途HDDが必要です。
コストと容量からシーゲート製HDDを選びました。
どっちかっつーとコスト、重視ですかね。

テレビとHDDはデカいに限る。
ということで4TBを購入

NASの仕様

ハード抜粋

CPUMarvell
Armada 370
88F6707
800 MHz
システム メモリ256 MB DDR3
ストレージドライブ ベイ 1
3.5" SATA HDD
2.5" SATA HDD
2.5" SATA SSD
最大内部生容量10 TB (10 TB drive x 1)
最大シングル
ボリュームのサイズ
16 TB
RJ-45 1GbE LAN ポート1
USB 2.0 ポート2
外寸
(高さx幅x深さ)
166 x 71 x 224 mm
重量0.71 kg

特徴
・NAS管理に独自の管理マネージャ"Synology DiskStation Manager (DSM) "を採用
GUIで操作が可能な上、独自の管理アプリケーションを簡単に導入できる。
・Cloud Sync を活用すると、DiskStation と Amazon Cloud Drive、Google Drive、Microsoft OneDrive、Dropbox、Box、Baidu Cloud とも 同期可能。

選んだ言い訳

自前のバックアップは無しで良いだろうと。
RAID化したところで物理HDDは壊れるわけだし、同じ管理制御なら、基板がやられれば両方ダメになる可能性もある。
ということで、シングルボリュームでバックアップとしてクラウドを使おうとなったわけです。
写真なら無制限保存可能とか、技術の進歩は物凄く早いですねえ。
このシリーズはクラウドへの自動バックアップをNAS単体でやってくれるのがいいですね。


到着

開梱して

殻割りして

HDDを入れて

設置。

セットアップしました。
同じネットワーク内のPCからアクセスしてDSMをインストールします。この辺はマニュアルを参照してください。
そんなに難しくありません。


...

この後の設定が...

バックアップをクラウドに取る設定が結構大変でした。
ファイルの指定が面倒くさい...
また別途書きたいと思います。