おにゅうのサーバをもう一台ラックにすえつけました。

  • Xeon 5110(1.6GHz Dual Core) x 2
  • SATA II RAID 5(500GBx3)
  • 6GB RAM

2GB+2GBのデュアルチャネルにしたはず〜とか、Xeon 5110なんて買ったか?と思ったけど、自分で頼んだリスト見ると、この構成だった...。そういえば1Uでこれ以上増設できないからディスク至上主義で頼んだ気がした。
いつものようにIntel VTとNX bitをEnableにして起動…と思ってみると、Intel I/O Accelerationという項目を発見。何気にEnableにしてWindows Server 2003 R2 x64をセットアップしてみると、テキストセットアップ後のリブートで応答なし。強制シャットダウンしてリブートすると、2nd CPUがオフライン状態(^^;。
BIOSに「次回起動時CPU Historyをクリアする」というような項目があったので、これをEnableにして起動すると2nd CPUがonlineになりました。いや、久しぶりにかなりあせった。
これもActive DirectoryのDCリプレース作業の一環なので、DCにする予定。そしてこの上のVirtual Server上で評価用環境を稼動させる。これくらいパワーがあればCitrix Presentation Serverも動くでしょう。
今Citrix Presentaion Server 4.5のWeb InterfaceのSDKをぼちぼち(自分用に)翻訳中。Web Interfaceってのはtechnetの2007 Office Virtual Labでつかっているあれです。